演歌とカセットテープ|上達ぶりに自らビックリ|インドアのゴルフスクールで腕を上げる

上達ぶりに自らビックリ|インドアのゴルフスクールで腕を上げる

演歌とカセットテープ

ウーマン

いつの間にか記憶している演歌の楽曲

苦節何年という苦労話が宣伝文句となる演歌というジャンルですが一度ヒット曲が生まれると長きにわたり演歌歌手として売れ続けることができる独特のスタイルを保っています。ヒット曲が1曲あればテレビ出演が少なくても営業という仕事で地方を回るとそれなりのギャラが発生し歌手として認識される立場になります。演歌をバカにしている年代の人も一定の歳を超えると演歌を聞くようになり、カラオケ等で自ら歌うことにも抵抗がなくなります。ヒットした演歌の曲を長い間耳にしてきたことによっていつの間にか歌を覚えているといった状況になっています。知らないうちにメロディー等を口ずさめるようになっているのがまさにその証拠となるのです。

カセットテープ販売が続けられている

ダウンロード音楽など最近の音楽配信の状況は以前とは全く違ったものになっています。CD等の売り上げが激減している日本の中でいまだにカセットテープで販売されているジャンルが演歌になります。それなりの売れ行きが期待できる音楽メディアであるため細々と販売を続けているのです。好きな音楽のジャンルが演歌という年代はレコードやカセットテープ全盛のころに音楽を聴いていた人たちです。最近の機材を使いこなすことができない人が多いこともあり、慣れ親しんだカセットテープレコーダーを利用して音楽を聴く人が少なくないのです。演歌はそんな人たちのニーズに応え売り上げを伸ばすためにカセットテープでの販売を続けています。カセットテープのように無くなりそうで無くならないのが演歌というジャンルになります。このジャンルの歌は教室も多く開かれている特殊なジャンルです。大勢で集まって愛好家同士が歌うのを聞くこともできますし、ある教室では講師の指導を受けることもできます。講師の指導を受ければより本格的な歌唱力がつくので、演歌が趣味であるという人は一度調べてみましょう。